クリスマス会当日(12月17日(土))

今年も、クリスマス会が行われました。(残念でしたが、年少クラスは別日に行いました。)

※総練習の写真です。

1部 キャンドル礼拝

子どもたちの賛美が礼拝堂いっぱいに響き渡りました。

2部 降誕劇

これまでの練習の成果を発揮して、心に残る降誕劇となりました。

 

3部 お楽しみのとき

年中さくら組さんは、みんなで楽器の演奏と歌を準備してくれていました。

楽しい歌と音色に嬉しい気持ちになりました♪

最後には素敵なお客様も・・・

プレゼントを頂きました。

嬉しい楽しい心に残るクリスマス会でした♪

 

降誕劇の準備(年長 12月初旬)

ゆり組ではみんなでクリスマス会に降誕劇をしようと決まり、準備が始まりました。

役決めも行われ、子どもたちはどの役も大切な役としてそれぞれ引き受けてくれました。

覚えることがあったり、少し長い時間の練習であったりしましたが、みんなで心を合わせて準備する姿がありました。

礼拝堂では声をそろえて大きな声で歌う歌声が響きわたりました。

スポットライトを浴びて、堂々とセリフをいう子どもたち。

「メリークリスマス!」本番が楽しみだね。

 

ゆりぐみさんみたいに

さくらぐみのパン屋さんに買い物に来ていたゆり組に銀行ができ、さくら組さんもお金を使って買い物がしたい!

ゆり組にできた宝石屋さんの商品はとても魅力的だけれどとても高いのです。

 

お店を覗きに行っては

「まだ、お金が足りない!」

といってお金づくりにいそしんでいました。

クラスを超えて遊びが行ったり来たりしながら憧れを形にしているさくら組です。

お客さんを喜ばせたい

海の生き物が好きなお友達が、水族館を始めました。

段々仲間が集まって、お盆の水槽に個性的な魚が並びます。

ちゅうりっぷさんも見に来てくれて・・・。

するとその様子にまた仲間が増えて「私たちはお姫様!」

お互いにドレスを着せ合い、美しく変身。お澄ましで座り、通った人と握手をしてあげたり、写真を一緒に取ってあげたり…。まるでどこかのキャラクターミーティングのようです。

 

じゃあ僕は・・・

「バケツに隠れておどろかすんだ!」

 

好きなものが集まって、みんなでお客さんを喜ばす喜びを味わっているようです。

宝石店オープン(12月初旬)

ゆり組に銀行が開設されてから、お金持ちになった人が多くいるようで、クラスの中の女の子たちが宝石店を開くことにしました。

宝石店には高~い宝石が売られるそうです。銀行メンバーの人たちは、たくさん宝石を買おうとまたもやお金作りをしていました。(笑)

さぁ宝石店がオープンしました。

たくさんのお客さんが来てくれました。

同じクラスのお友だちには決めた値段で、年下のお友だちにはお安くしていました。

ちゅうりっぷ組さんも「これくださ~い」

イヤリング似合うかな??

大盛況の宝石屋さんでした。

 

パン屋さんごっこ(12月初旬)

さくら組さんでパン屋さんがオープンしたとのこと!それを聞いたゆり組さんはお金をたくさん作ってお買い物へ。

大人買いをしたいとたくさんお金作りをするゆり組さん。

あっちでこっちでお金作りに励む人たち(笑)

たくさんお金を作り、最終的には銀行を作ることにしたそうです。

 

クリスマスの製作(12月初旬)

クリスマスはイエス様のお誕生日だね!と各クラスで準備が始まります。

お部屋の中にもクリスマスの飾りが飾られています。この日はゆり組でもクリスマスリースの製作が始まりました。

好きな端切れ布を選んで作っていく布リースです。

「この色がいいかな?」とよく考えて作っています。

「どうしようかな~」と配色を考え中。

だんだん出来上がってきました。

コツコツと頑張って素敵なリースが完成しました♪